アナログ掛け時計の特徴とは?

どのくらい時間が経ったか分かりやすい

アナログ掛け時計は、秒針と分針、時針の3つの針で構成されているので、見た目でも分かりやすいという特徴があります。アナログ掛け時計で使われている秒針はコチコチと音が鳴るステップ秒針を使っているものが多く、正確な時間を把握できるようになっています。静かな音なので気にする必要もなく、時間がきっちりと分かるのでオフィスなどでも活躍しています。針が文字盤を指して動くという形式なので、パッと見てすぐ時間の経過が分かります。急いでいる時でも、少し視線を動かすだけでだいたいの時間が分かるので、非常に使い勝手の良い時計になっています。大きいものほど目盛りの間隔も広がるので、遠い場所からでも時間を把握することができます。

頑丈なので長持ちしやすい

アナログ掛け時計はシンプルな作りなので、壊れにくいという特徴があります。中には屋外でも使用できるタイプのものがあるので、とても頑丈にできています。防水加工が施されていれば雨に濡れても問題なく動きます。ほこりなどが入って時刻が狂わないように加工されているものがほとんどなので、強い風にも耐えられます。飛散防止ガラスを使用している製品が多いです。デジタルの場合は方位計やタイマーなど様々な機能が搭載されているものが多いので、複雑な作りになっている分早く壊れてしまう可能性があります。丁寧に扱えば長持ちするでしょうが、ちょっとした衝撃で不具合が出る場合があるので、頑丈さを重視するならアナログ掛け時計の方がおすすめです。